MENU

おりものシートのコマーシャルで女性の尿漏れのことを徐々に取り上げるようになっていますよね。つまり、尿失禁を起こしている女性は多いですよ、という意味なのですね。だから、パンティーライナーのようなもので対策するといいですよ、ということなのです。さて、尿失禁は女性に多い症状です。理由は簡単で、女性は出産したり閉経を機に更年期を迎えたりします。それがきっかけになって、骨盤低筋など排尿に関わる筋肉が緩んでし...

尿失禁といえば女性に起こるもの、というイメージが強いですよね。しかしながら、これは女性だけのものではありません。男性にも尿失禁は起こるものなのです。男性の場合、明らかな尿漏れを感じることなく、気付いたら尿失禁を起こしていたなんて人もいると聞きます。でも、誰でもそうですが、尿が漏れるという状況はなんとか改善したいと思うものです。ただ、やっぱり男性も女性と同じで、尿失禁で診察してもらうというのは恥ずか...

尿失禁で悩むようになってしまうと、生活自体が変わってくることをご存知ですか?尿が漏れる…通常、大人になったらありえないことです。でも、40代・50代になってから尿が漏れるようになった…この精神的なショックは自分でも想像できないほどに大きなものです。だって、これまでどおりに生活していただけなのに、急に尿が漏れるのですから。なんだか、急激に自分が老化したような、ダメ人間になったような、そんな気持ちが強...

尿失禁という言葉がだいぶ市民権を得ましたよね。それまで、尿失禁の状態にあった人は人にも相談できずにずいぶんと悩んできたと思います。だって、大の大人になって「お漏らし」してしまうなんて恥ずかしいって誰でも思いますよね。うかつに知り合いなどに話せる話しではなかったはずです。そんな尿失禁ですが、今ではテレビやインターネットでも相談窓口は泌尿器科へ、なんて宣伝してます。それまで、なんで漏れるのかしら?など...

尿失禁の治療が積極的に行われるようになってきました。それだけ困っている人が多く、診療に訪れる人が多くなったということなのでしょう。これは、尿失禁の人だけに言えることではないのですが、尿失禁で困っている人は、内臓にもなんらかの問題がある場合があるのですが、ご存知でしょうか?これは、いわゆる東洋学的な考え方で、体全体を見ている感じですね。つまり、内臓の悪い部分が良くなっていけば、結果、尿失禁が改善する...

人間、生きてりゃ年は取るもので、最終的に死に行くために生きていますよね。人間の体も消耗品ですから、年を重ねればあちこちにガタが来るのも無理はありません。筋力も衰えてきますから、徐々に筋力だって衰えていきます。だから、高齢者に多い尿失禁だって当然のごとく起こるわけです。でも、多くの人はそういう考え方ではないようです。尿失禁が起こると、そればかりに目が行ってしまってどうやって治療しようかと躍起になりま...

若い人に尿失禁の人はまずいません。若くて尿失禁があるのであれば、すぐに病院に行ったほうがいいです。尿失禁を自覚するのは、出産後の女性が更年期を迎える頃、あとは高齢者になった男女です。最初に尿を漏らしてしまった際には、どんなに少量でもショックで泣きそうになってしまうと思います。近年では、この尿失禁という言葉がだいぶ世の中に浸透してきましたので、病院にも行きやすくなりましたが、やはりその気恥ずかしさは...

現代はサプリメント天国というべく、非常に多くのサプリメントが販売されていますよね。薬局やディスカウントストアーなどにも多くのサプリメントが並んでおり、1人で数十種類のサプリメントを摂取するという人もいるほどです。健康補助食品ですから、どこまで効果があるのか分かりませんが、それで健康を保てているのであれば、それにこしたことはありません。さて、尿失禁の症状を改善したいがためにサプリメントを探す人がいる...

尿失禁は更年期の女性や高齢者に多く見られるために、尿失禁はいわゆる人間が避けられない老化現象ではないか、と考える人が多くいると思います。しかしながら、尿失禁になってしまうとふと思うはずです。「何か病気なのかしら?」と。その直感を信じてください。いえ、病気ですよと言いたい訳ではないんです。病気かもしれない、だから一度は必ず病院へ行ってください、ということなんです。つまり、どういうことかと言いますと、...

笑いすぎるとおしっこが漏れるような感覚になることがありますよね。でも、誰でもギリギリのところでもらさないものです。ただ、年齢を重ねた女性ですと、少し事情が違ってきます。ふっと笑っただけで、ちょっと咳払いしただけで、くしゃみをしただけで尿が漏れることがあるのです。これが尿失禁です。量的には本当に少量で下着に少しだけつく感じです。けれど、量はもう問題ではありません。漏れたことがショックで仕方ないのです...

尿失禁の治療は、いろんな種類があります。当然のごとく、原因の分からない尿失禁の治療はしっかり原因を明確にしてからじゃないとできませんけど、原因がはっきりわかっている場合にはそれにあった治療を行っていきます。男女比で言えば、尿失禁は女性に圧倒的に多いです。出産も経験するのは女性ですし、更年期が閉経という明確な時点から始まるのも女性だからでしょう。女性が、ライフステージが変わる際に起こす尿失禁に関して...

尿失禁を自覚したときに、泌尿器科で検査を受けてみようかと思ったとします。そういうとき、尿失禁に関して自己チェックができていれば、クリニックなどに行った際に診療が流れるように進むはずです。ここでは、尿失禁の自己チェックについて少しお話しします。自己チェックをするには、以下の質問に答えていきます。そして、泌尿器科のクリニックなどで同じようなことを聞かれたり問診票に書いたりしますので、何かにメモして持っ...

はじめて尿漏れを自覚したときのショックは、筆舌に尽くせないものがありますよね。いろんな気持ちが交錯して、とても哀しいような虚しいような気持ちになってしまいます。さて、尿失禁には様々な症状がありますね。尿が漏れる、これが主な症状ではありますが、それに付随して様々な症状がおこります。まず、くしゃみをしたときとか急に笑ったときなど、いわゆる腹圧がかかったときに思いがけず尿が漏れることがありますね。これは...

尿失禁がはじまった…そのことは本当にショックかもしれませんが、そんなときこそインターネットを活用して尿失禁について調べてみてください。誰にも知られることなく、尿失禁の情報を得ることが出来ます。知るという事は、それだけ様々な選択肢を持てる、ということです。ただ、残念なことに尿失禁の悩みが一掃されるような情報はほとんどないと思ってください。あったとしたら、それは嘘だと、怪しいと考えてください。尿失禁は...

我が子の誕生という喜ばしいことのかげで、母親になった女性が出産後から悩むことがあります。いろいろあるのですが、その中でも尿失禁はかなりの女性が悩んでいると思って待ちがありません。若くして出産し、そのあとからずっと尿失禁で困っているのに誰にも相談できなかった、そんな女性も多くいるのです。一昔前なら、尿失禁はもうどうしようもないと思ったかもしれませんが、今はネット社会の発展によって、自宅にいながら様々...

なんでも相談できるお友達にも相談できないことって、やっぱりありますよね?どうしても恥ずかしくて相談できない、そのうちの1つが尿失禁の相談だと思います。悩みならなんでも話せるはずなのに、どうしても恥ずかしい…だから、誰にも話せないまま、悩みが深くなり、大きくなっていってしまうのです。では、尿失禁がなぜそんなに恥ずかしいことなのか?これは、お漏らしに対する考え方や尿失禁に関する知識も関係しますが、やは...

尿失禁は、命に関わる病気ではありませんが、正直なところ嫌なものですよね。量は少ないのかもしれませんが、思いのほか臭いがきになったりしますし、気分の良いものではありません。そんな尿失禁のある方に何かアドバイスをするとしたら、どんなことがあるだろうと思って、ちょっと考えてみました。まず、あまり落ち込まないでほしい、ということです。尿意が強かったり、人によっては残尿感があったり、頻尿であったりして外出も...

昔から「もちは餅屋」という風に言いますけど、何かあったら適切なところへ行って対処するのが、一番安心で手っ取り早く対処できますよね。病院通いもそうで、風邪を引いたら耳鼻咽喉科、頭が痛いなら脳神経外科、骨が折れたら整形外科、というように行くべきところに行かなければ、ちゃんと診療は受けられません。もちろん、尿失禁は泌尿器科ですが尿漏れが始まったら、できるだけ早く受診してほしいものです。ところが、いまだに...

尿失禁が起こったとき、最初は何のことやら理解できないでしょう。「え?私、おしっこもらしてる?」と、驚くと思います。一昔前でしたら、絶対誰にも相談できない深刻な悩みでしたが、今ではだいぶ市民権を得ましたので、情報も対策グッズも多く見られるようになりました。そんな中で、尿失禁なら泌尿器科で相談ということも知られるようになり、診察を受けようという人が増えています。たかが尿失禁されど尿失禁で、クリニックな...

最近は、テレビのコマーシャルなどでも「女性のチョイ漏れ」などという可愛い言葉で尿失禁が表現されるようになって来ましたね。以前なら、あまりなかったことですが、年齢を重ねた女性に尿漏れがあるんだよ、困っているんだよ、ということが知らしめられたという事はいろんな意味でよいことなのではないかと思います。さて、尿失禁が広告などで話題になったりしているんですが、尿失禁が起こってしまった当の本人にとってみれば、...