MENU

尿失禁と漢方薬に関すること

尿失禁の治療が積極的に行われるようになってきました。

 

それだけ困っている人が多く、診療に訪れる人が多くなったということなのでしょう。

 

これは、尿失禁の人だけに言えることではないのですが、尿失禁で困っている人は、内臓にもなんらかの問題がある場合があるのですが、ご存知でしょうか?
これは、いわゆる東洋学的な考え方で、体全体を見ている感じですね。

 

つまり、内臓の悪い部分が良くなっていけば、結果、尿失禁が改善すると言う考え方です。
そして、そういった考え方の医師は、漢方薬を処方することで尿失禁を治療していきます。

 

尿失禁だけに注目するのではなく、その患者の全体を見て症状にあわせた漢方薬が準備されています。

 

例えば、高齢者であると尿失禁に加えて、夜中に起きてトイレに何度も行くことや、冷え性が起きている可能性もあるわけです。

 

そういった場合には、虚証と呼ばれる症状を治す漢方薬を処方することになります。

 

具体的には、猪苓湯合四物湯、牛車腎気丸、八味丸、苓姜朮甘湯などの漢方薬が尿失禁に対して処方されることが多いです。

 

尿失禁を自覚したとき、泌尿器科へ行ったほうがいいのは確かなんですが、クリニックによっては西洋医学による治療を行っているところもありますし、漢方薬による治療を行っているところもあります。

 

そこは、患者サイドで決めてよいところです。

 

正直なところ、ちゃんとした医師の診察を受けているのであればどちらでもいいのです。

 

大事なことは、治療を途中で勝手に中断しないできっちり継続することです。

 

途中で投げ出してしまっては治るものも治らなくなってしまうのです。