MENU

尿失禁の治療について

尿失禁の治療は、いろんな種類があります。

 

当然のごとく、原因の分からない尿失禁の治療はしっかり原因を明確にしてからじゃないとできませんけど、原因がはっきりわかっている場合にはそれにあった治療を行っていきます。

 

男女比で言えば、尿失禁は女性に圧倒的に多いです。

 

出産も経験するのは女性ですし、更年期が閉経という明確な時点から始まるのも女性だからでしょう。

 

女性が、ライフステージが変わる際に起こす尿失禁に関しては、ホルモンバランスを整えたり体調の変化を最小限に抑える処方がなされることが多いです。

 

西洋医学では、原因疾患の見られない尿失禁に関しては、骨盤低筋トレーニングを行ったり低周波治療を施したりしています。

 

一方、東洋医学では尿失禁は、内蔵機能が衰えてしまってその症状として尿失禁が起こるものと考えられます。

 

また、虚弱体質や冷え性の人に尿失禁が多いとされることもあります。

 

つまり、内蔵機能を強化してやれば尿失禁も改善される可能性が高いために、そういった漢方薬を処方する場合があります。

 

さらには、腎臓から尿路などからなる泌尿器系の機能を上げるような漢方薬が選択されることもあります。

 

そうすることで、尿失禁自体の症状の緩和と全身状態の改善を目指しているのです。

 

一言で尿失禁といいますが、そこには様々な考え方があって、症状も様々なのでそれに合わせた治療が行われることになります。

 

だから、尿失禁を自覚したときには、まずは恥ずかしがらずに病院やクリニックを訪れることです。