MENU

尿失禁の方へアドバイスするなら

尿失禁は、命に関わる病気ではありませんが、正直なところ嫌なものですよね。

 

量は少ないのかもしれませんが、思いのほか臭いがきになったりしますし、気分の良いものではありません。

 

そんな尿失禁のある方に何かアドバイスをするとしたら、どんなことがあるだろうと思って、ちょっと考えてみました。

 

まず、あまり落ち込まないでほしい、ということです。

 

尿意が強かったり、人によっては残尿感があったり、頻尿であったりして外出もままならないかもしれません。

 

でも、対策グッズを使って外に出ましょう。

 

ふさぎこんでいても、何も改善はしません。

 

気分が沈んで、尿失禁のことばかり考えていても治ることはないんです。

 

気持ちだけでもまっすぐに明るくあるために、思い切って外に出てみましょう。

 

次に、筋トレをしましょう。

 

女性に多い尿失禁ですが、そのほとんどは出産や更年期を機に起こっているんですね。

 

これは、筋肉の緩みが原因で、主に骨盤低筋の地道な筋トレが必要になります。

 

毎日毎日面倒だと思ってトレーニングしたのでは、効果の出方もいまいちでしょう。

 

筋トレを習慣にして、できるだけ楽しみながら頑張ってみましょう。

 

それから、膀胱訓練を行ってみましょう。

 

やり方は簡単です。

 

尿意を催したら、少し我慢するのです。

 

あんまり我慢しすぎて膀胱炎になっては困りますので、ある程度でいいです。

 

それによって、頻尿気味の場合や尿意が途切れないような症状のある尿失禁の症状の軽減がなされるようになります。