MENU

尿失禁をクリニックで治療する

尿失禁が起こったとき、最初は何のことやら理解できないでしょう。

 

「え?私、おしっこもらしてる?」と、驚くと思います。

 

一昔前でしたら、絶対誰にも相談できない深刻な悩みでしたが、今ではだいぶ市民権を得ましたので、情報も対策グッズも多く見られるようになりました。

 

そんな中で、尿失禁なら泌尿器科で相談ということも知られるようになり、診察を受けようという人が増えています。

 

たかが尿失禁されど尿失禁で、クリニックなどを訪れて診察を受けてみたら重篤な病気の場合もあったりします。

 

だから、おしっこが漏れるだけと軽く見ないで必ず泌尿器科を受診するようにしてください。

 

尿失禁が一番頻発するのは、60歳以上で女性の半数以上が経験していると言われています。

 

症状も人ぞれぞれで個人差が大きいです。

 

尿失禁は、このくらいでクリニックなどに行かなくても…と思われがちです。

 

でも、尿の量や症状に関係なく一度は受信しましょう。

 

泌尿器科のクリニックでしたら大きな病院と異なり、土曜や午後の診療もありますし、クリニックによっては日曜日の診療も行っているところもあります。

 

尿失禁の影に何の病気もない場合には、生活にトレーニングを加えたり何らかの対策グッズを用いるなど行っていきます。

 

クリニックでは、尿失禁の治療の一環として下腹部に低周波刺激を当てて行ってくれるところがあります。

 

これにも個人差がありますが、効果があると評判です。

 

試したことのない方は、ぜひ泌尿器科クリニックで相談してみてください。