MENU

尿失禁を治すなら

最近は、テレビのコマーシャルなどでも「女性のチョイ漏れ」などという可愛い言葉で尿失禁が表現されるようになって来ましたね。

 

以前なら、あまりなかったことですが、年齢を重ねた女性に尿漏れがあるんだよ、困っているんだよ、ということが知らしめられたという事はいろんな意味でよいことなのではないかと思います。

 

さて、尿失禁が広告などで話題になったりしているんですが、尿失禁が起こってしまった当の本人にとってみれば、早く治したい!というのが本音ですね。

 

尿漏れなんて、鬱陶しくて仕方ないからです。

 

では、尿失禁を完全に治す方法などあるのでしょうか?
結論から言いますと、治るかどうかは人による、というところでしょうか。

 

どういうことかと言いますと、尿失禁は人によって原因も症状も治療の方法も異なるのです。

 

また、いつまでも恥ずかしいからと病院へ行かない人と、病院できっちり治療を受ける人では、後者の方が圧倒的に治る確率は高いですね。

 

このところ多くみられるのが、女性の過活動膀胱です。

 

過活動というくらいですから、膀胱が過剰に活動することが原因となっているのですが、膀胱というのはあるていど尿を溜め込む機能を有しています。

 

そして、もういっぱいだな、排尿が必要だなというときになって脳に尿意を伝えるんですね。

 

だから、排尿したくなってトイレに行く、ということが起こります。

 

ところが、過活動膀胱の女性の場合、膀胱に尿を溜め込まないうちから尿意が脳に伝わってしまうのです。

 

こうなると、外に出かけるのが難しくなってきます。

 

いつもどこにトイレがあるのかを把握しておかないと気が気じゃないと思います。

 

中には、尿意があまり起きないようにと水分を控える人がいます。

 

これでは、体調が悪くなってしまいます。

 

夏場であったら、すぐに熱中症などを引き起こしてしまいます。

 

だから、尿失禁はまずは泌尿器科へ行くべきです。

 

さまざまな尿失禁に対して、内服薬を処方したり必要な指導を行ったりと、症状の改善に向けて対応してくれます。