MENU

生き物は排尿しなければなりませんが、特に哺乳類は排尿が欠かせません。排尿ができなければ生きていけません。けれども尿路障害で悩んでいる方もいます。【尿路障害の具体的な症状】・多尿1日に2500ml異常も排尿してしまうのは、多尿と判断できます。病気とまではいかない症状ですが、水分量が減少してしまうので注意しなければならないものではあります。・頻尿1日のうち8回も排尿するようであれば、多尿だと言えます。...

尿路障害についてよく知らないという方もいるでしょう。尿路障害は大きく2種類に分けられます。●畜尿に関する障害畜尿とは膀胱に尿をためる状態のことです。この畜尿ができないと頻尿になってしまうのです。●排尿に関する障害尿の排出がスムーズにできない状態のことで、閉尿や排尿困難などはこちらに分類されます。排尿障害の場合には、尿道に何かしらの問題が起こっている可能性があります。括約筋が衰えている、前立腺肥大な...

畜尿障害や排尿障害、さらに排尿後障害などを総省して尿路障害と呼びますが、尿路障害になる原因とは何なのでしょうか?特に男性の尿路障害で多いと言われているのは「前立腺肥大症」という病気です。前立腺が肥大して尿道を塞いでしまい、排尿がスムーズに行かない、閉尿してしまったなどの症状が出るのです。排尿時には膀胱を収縮させ尿道を開く。我慢する時には尿道を閉めて膀胱を広げる。このプロセスがスムーズにできてこそ尿...

尿路障害を安易に考えていませんか?実は大きな病気が原因になっていることがあります。ただの気にしすぎだということもありますが、病気の可能性も知っておかなければなりません。一度病院で検査を受けてみましょう。病気が原因でなければ安心できますよ。CT検査を受ければ尿道結石も発見できるようになりましたし、検査を受けるということはとても大事です。尿道結石というのは激痛を伴う尿路障害の一つです。緒音波検査によっ...

尿路障害の一つである排尿障害についてご紹介します。排尿とは尿を排出することですが、排尿障害はその排泄がスムーズにできなくなる症状のことです。男性は尿道が長いという特徴があり、さらに尿道の周囲に前立腺がありますので、前立腺肥大などが影響して排尿障害になりやすいのです。前立腺肥大が進行して尿が全くでないという症状だけでなく、出る前でに時間がかかる、尿の勢いが弱いなども排尿障害と言えます。排尿が全くでき...

排尿障害に関連した「神経因性膀胱」という病気があります。神経の働きに問題が起きて排尿にトラブルが起きている症状です。認知症を患うと尿失禁が起きやすくなります。そもそも排尿というのは、膀胱がいっぱいになったことが大脳に知らされて、尿意を催すよう指令がくだります。膀胱に関連する神経や筋肉、指令を出す大脳がしっかり繋がっていなければ排尿はスムーズにいきません。そのうちのどれかが崩れてしまうと神経因性膀胱...

尿路障害の裏には病気が原因となっていることもありますので、泌尿器科を診察した方がいいでしょう。日常生活に支障のない程度、尿の出の悪さ程度であれば診察に行かないという方も多いでしょう。しかし、尿路障害は安易に考えてはいけないということはインターネットで調べてみても分かりますので、定期的に検査を受けて確認する必要があります。歳をとると尿路障害になりやすくなる傾向になります。男性の場合には前立腺癌や前立...

男性だけにある前立腺が、正常の大きさよりも肥大してしまうと「前立腺肥大」になります。前立腺肥大症になると、尿道が圧迫されて尿路障害になってしまうのです。尿路障害の中でも閉尿になってしまうと緊急手術が必要となりますので、気を付けましょう。「前立腺とは?」精液の主成分を作る部位のことで、前立腺の中央を尿道が通っているという形になっていますの。なので、前立腺が肥大してしまうと、中央を通っている尿道が圧迫...

尿路障害の実際の患者数というのはハッキリしていません。誰にも相談できない、恥ずかしくて病院にいけないという方が多いのです。病気とまではいかない症状の人も含めれば、かなりの数になるのではないでしょうか。勇気を出して泌尿器科に行っても経過観察で終わる方もいます。酷い症状でなければそれに越したことはありませんよね。歳をとれば尿路障害は多くのひとが実感します。尿路障害の診断がくだされても、具体的な完治方法...

尿路障害で用いられる治療方法として、漢方薬があります。医師に処方してもらわなければなりませんが、排尿障害の改善などに有効です。個人差はありますが漢方薬を試す価値はあると言えます。絶対に漢方薬でないといけないわけではありませんが、有効だというものは実践してみましょう。毎日のように漢方薬を飲んでいれば、すんなり飲めると思います。漢方薬は尿路障害の原因にもなる膀胱炎や尿道炎、前立腺炎などの炎症の改善に効...

尿路障害の検査をしに病院に行く前に、1か月ほどトイレの回数や尿の量、出具合などをデータにまとめて医師に提出するといいでしょう。このような排尿記録は病院でも指導されます。そのような情報が診察に大いに役立つのです。排尿記録の付け方はネットなどでも調べられますが、医師が知りたい情報をまとめることが大事です。排尿の回数が1日8回以上と多ければ頻尿になりますし、夜中の頻尿となれば症状が悪化している可能性があ...

尿路障害に有効な薬を知っておきましょう。尿路障害の多くで治療対象となるのは排尿障害です。男性の前立腺肥大などは治療薬が用いられることがあります。畜尿障害は特に女性に多くみられるもので、平滑筋弛緩薬を用いて膀胱や尿道へ作用しますのでスムーズな排尿をサポートします。膀胱平滑筋を抑制するもので塩酸フラボキサートというものもあります塩酸フラボキサートを服用することで残尿感の改善効果が期待できます。同様に抗...

尿失禁という尿路障害にお悩みの方も少なくありません。特に出産してすぐの女性だと、尿道が緩んでしまっていますので尿失禁の症状が出やすいのです。小さなくしゃみの衝撃でも失禁してしまった…という女性は少なくありません。病気とは診断されませんが、気になってしまってストレスになることも少なくありません。尿失禁になると頻尿にもなりやすいですし、尿が我慢できなくなりますので、対処療法をするしかありません。膀胱排...

尿路障害は他人には気づかれにくい悩みです。人に言うのが恥ずかしいという方も多いようです。頻尿なので外出した時にトイレが無いと不安になる、トイレを使う時間が長いので後の人が気になってトイレに入れない…などの悩みを抱えている人も少なくありません。口コミサイトなどでも尿漏れなどの体験談を多くみかけます。それほど悩んでいる人、体験している人は多いのです。それでも病院に行くのが恥ずかしい、大したことではない...

尿路障害に関する情報収集をするなら、インターネットも活用しましょう。例えば泌尿器科の先生方の学会の内容などが解説してあるサイトがあります。分かりやすく解説しているサイトなどは、読んでいて有益な知識となりますよ。検査で得られる事実、対処法の種類、症状別の項目などが分かるようになります。毎日の排尿を観察してそれらの知識と照らし合わせ、尿路障害の症状をだいたい判別することもできるようになるでしょう。排尿...

尿は腎臓で作られます。腎臓から尿管を通って膀胱に溜められるようになっており、この流れは男女ともに同じです。そこから先、膀胱から排泄されるまでが、男女で大きく異なります。尿道の違いとして、女性は短く男性は長いという点があります。尿路障害の起こりやすい症状も、男女で異なります。年齢によっても出やすい症状は異なります。例えば男性だと40歳代の中年と呼ばれる世代から尿路障害を感じやすくなります。尿が出るま...

歳をとるごとに尿路障害発症の可能性が高まります。稀に尿路障害が起こらない人もいますが、健康状態も関わっています。例えば高血圧や糖尿病の治療薬が原因で尿路障害になることがあります。けれどもこれらは副作用にカテゴライズされます。高齢による尿路障害とは異なるのです。若く健康である時は尿路障害になるリスクはかなり低いですが、年齢による衰えというのは誰にでも訪れます。しかしその衰えを緩やかにすることで尿路障...

尿路障害に関する情報やガイドラインなどをよく見かけるようになりましたので、それだけ尿路障害に対して意識する人も増えているのでしょう。検査内容や尿路障害の診断基準なども知ることができます。一番きになる治療方法も簡単に調べられるようになりました。日々進歩する医療技術に沿ってガイドラインも更新されますが、このガイドラインは病院ごとでの診断のばらつきを少なくするために大事なのです。頻尿や残尿感の診察では、...

尿路障害の原因は不明確なケースもあります。また、尿路障害は根本的治療は難しいと言われています。しかし尿路障害を放置して症状が悪化し、日常生活に支障が出るケースもゼロではありませんので、尿路障害が発覚したら、対処療法を行っていかなければなりません。男性に発症する前立腺肥大症は、投薬することで症状を緩和させることが可能です。ただし即効性はないので半年ほど時間をかけて我慢して治療薬を服用する必要がありま...

泌尿器科に行けば尿路障害の治療を受けることができます。尿路障害は何かしらの病気と関連していることが多いので、それらの病気の治療も進めていく必要があります。また高齢者が尿路障害になることも多いので、歳をとって機能が衰えているというケースも珍しくありません。尿路障害の根本的解決は困難だというのが事実です。尿路障害の対処療法を進めながら付き合っていくこともポイントとなります。泌尿器科で診察を受ければ最善...