MENU

尿路障害の検査

尿路障害の検査をしに病院に行く前に、1か月ほどトイレの回数や尿の量、出具合などをデータにまとめて医師に提出するといいでしょう。
このような排尿記録は病院でも指導されます。
そのような情報が診察に大いに役立つのです。
排尿記録の付け方はネットなどでも調べられますが、医師が知りたい情報をまとめることが大事です。

 

排尿の回数が1日8回以上と多ければ頻尿になりますし、夜中の頻尿となれば症状が悪化している可能性があります。
排尿にかかる時間が長ければ排尿障害の可能性がありますし、尿の切れの悪さ、残尿感なども判断材料となりますので記録しておくべきです。
数値化するというのは、尿路障害の検査でも重要ですよ。

 

当然超音波検査やCTを使った検査なども行われ、症状の重さを判断します。
排尿障害のレベルによって対処療法も異なってきます。

 

泌尿器科ならば尿の出るスピードを測ることができる、尿流測定も行われます。
このスピードが遅いとなると、排尿障害だと言えます。
レントゲンを使って尿道の検査をすることもあります。
尿流動体検査・ウロダイナミクス検査は特別な検査なので、大きな病院でなければできないものです。

尿路障害の検査関連ページ

尿路障害の特徴と症状
生き物は排尿しなければなりませんが、特に哺乳類は排尿が欠かせません。排尿ができなければ生きていけません。けれども尿路障害で悩んでいる方もいます。
尿路障害とは
尿路障害についてよく知らないという方もいるでしょう。尿路障害は大きく2種類に分けられます。畜尿に関する障害畜尿とは膀胱に尿をためる状態のことです。この畜尿ができないと頻尿になってしまうのです。
尿路障害の原因
畜尿障害や排尿障害、さらに排尿後障害などを総省して尿路障害と呼びますが、尿路障害になる原因とは何なのでしょうか?特に男性の尿路障害で多いと言われているのは「前立腺肥大症」という病気です。
尿路障害を調べる
尿路障害を安易に考えていませんか?実は大きな病気が原因になっていることがあります。ただの気にしすぎだということもありますが、病気の可能性も知っておかなければなりません。
尿路障害と排尿
尿路障害の一つである排尿障害についてご紹介します。排尿とは尿を排出することですが、排尿障害はその排泄がスムーズにできなくなる症状のことです。
尿路障害と病気
排尿障害に関連した「神経因性膀胱」という病気があります。神経の働きに問題が起きて排尿にトラブルが起きている症状です。認知症を患うと尿失禁が起きやすくなります。
尿路障害と泌尿器科
尿路障害の裏には病気が原因となっていることもありますので、泌尿器科を診察した方がいいでしょう。日常生活に支障のない程度、尿の出の悪さ程度であれば診察に行かないという方も多いでしょう。
尿路障害と前立腺肥大
男性だけにある前立腺が、正常の大きさよりも肥大してしまうと「前立腺肥大」になります。前立腺肥大症になると、尿道が圧迫されて尿路障害になってしまうのです。尿路障害の中でも閉尿になってしまうと緊急手術が必要となります
尿路障害の悩み
尿路障害の実際の患者数というのはハッキリしていません。誰にも相談できない、恥ずかしくて病院にいけないという方が多いのです。病気とまではいかない症状の人も含めれば、かなりの数になるのではないでしょうか。
尿路障害と漢方薬
尿路障害で用いられる治療方法として、漢方薬があります。医師に処方してもらわなければなりませんが、排尿障害の改善などに有効です。個人差はありますが漢方薬を試す価値はあると言えます。
尿路障害と薬
尿路障害に有効な薬を知っておきましょう。尿路障害の多くで治療対象となるのは排尿障害です。男性の前立腺肥大などは治療薬が用いられることがあります。
尿路障害と失禁
尿失禁という尿路障害にお悩みの方も少なくありません。特に出産してすぐの女性だと、尿道が緩んでしまっていますので尿失禁の症状が出やすいのです。小さなくしゃみの衝撃でも失禁してしまった…という女性は少なくありません。
尿路障害の口コミ
尿路障害は他人には気づかれにくい悩みです。人に言うのが恥ずかしいという方も多いようです。頻尿なので外出した時にトイレが無いと不安になる、トイレを使う時間が長いので後の人が気になってトイレに入れない
尿路障害の情報
尿路障害に関する情報収集をするなら、インターネットも活用しましょう。例えば泌尿器科の先生方の学会の内容などが解説してあるサイトがあります。分かりやすく解説しているサイトなどは、読んでいて有益な知識となりますよ。
高齢者の尿路障害
尿は腎臓で作られます。腎臓から尿管を通って膀胱に溜められるようになっており、この流れは男女ともに同じです。そこから先、膀胱から排泄されるまでが、男女で大きく異なります。
尿路障害と健康
歳をとるごとに尿路障害発症の可能性が高まります。稀に尿路障害が起こらない人もいますが、健康状態も関わっています。例えば高血圧や糖尿病の治療薬が原因で尿路障害になることがあります。
尿路障害の診療ガイドライン
尿路障害に関する情報やガイドラインなどをよく見かけるようになりましたので、それだけ尿路障害に対して意識する人も増えているのでしょう。検査内容や尿路障害の診断基準なども知ることができます。
尿路障害の改善
尿路障害の原因は不明確なケースもあります。また、尿路障害は根本的治療は難しいと言われています。
尿路障害の問題
泌尿器科に行けば尿路障害の治療を受けることができます。尿路障害は何かしらの病気と関連していることが多いので、それらの病気の治療も進めていく必要があります。